弁護士の選び方

弁護士弁護士に相談しなければならないとはいえ、あまりに焦って評判や実績のない弁護士を選ぶとかえって損失を被ることにもなりかねません。弁護士を選ぶ際には口コミのサイトなどを見ながらしっかりとした実績のある信頼できる弁護士を選ぶことにしましょう。弁護士によっても得意とする分野が異なります。交通事故の後遺障害に関する様々な交渉を行ってきた経験のある弁護士事務所を選ぶことによって、より優位に交渉を進めることができるでしょう。

弁護士にあらかじめ相談しておくことによって後遺障害の症状固定の判断がされる前から、症状固定後にどのような手続きをすればスムーズに認定申請ができるのかといった点も準備することはできます。治療すれば回復の可能性がある場合や非常に軽い事故の場合はもちろんのこと、必要とされる医師の診断がない場合も認定がされないことがあります。

加害者側の保険会社はできる限り慰謝料を少なく提示してきます。保険会社とはいえ利益を追求する企業ですので出来る限り損失なる慰謝料の支払いは抑えたいと思うのは当然のことですが、後遺障害などが残ってしまい生活全般に支障が出てしまうことになると、やはり適正な慰謝料を受け取ることは不可欠といえるでしょう。