弁護士の選び方

弁護士弁護士に相談しなければならないとはいえ、あまりに焦って評判や実績のない弁護士を選ぶとかえって損失を被ることにもなりかねません。弁護士を選ぶ際には口コミのサイトなどを見ながらしっかりとした実績のある信頼できる弁護士を選ぶことにしましょう。弁護士によっても得意とする分野が異なります。交通事故の後遺障害に関する様々な交渉を行ってきた経験のある弁護士事務所を選ぶことによって、より優位に交渉を進めることができるでしょう。

弁護士にあらかじめ相談しておくことによって後遺障害の症状固定の判断がされる前から、症状固定後にどのような手続きをすればスムーズに認定申請ができるのかといった点も準備することはできます。治療すれば回復の可能性がある場合や非常に軽い事故の場合はもちろんのこと、必要とされる医師の診断がない場合も認定がされないことがあります。

加害者側の保険会社はできる限り慰謝料を少なく提示してきます。保険会社とはいえ利益を追求する企業ですので出来る限り損失なる慰謝料の支払いは抑えたいと思うのは当然のことですが、後遺障害などが残ってしまい生活全般に支障が出てしまうことになると、やはり適正な慰謝料を受け取ることは不可欠といえるでしょう。

後遺障害の認定について

後遺障害交通事故で後遺障害を負った場合どのようにその等級を認めてもらうのでしょうか。まず必要となるのは医師による診断です。石がこれ以上治療しても良くはならないと判断した場合症状固定となりこの症状固定の後に自賠責の後遺障害等級の認定申請が行われることになります。ここで行われる等級の判定によって、保険会社から支払われる慰謝料も適正な金額が変わってきます。等級認定を行う際には保険会社に全てを任せるということも可能ですが、手続きが楽な反面症状に見合う適正な等級が申請されないという問題も考えられます。そのため被害者請求という形で自ら等級認定の申請を行うことも可能です。

しかしその場合には必要な書類を全て揃えるのに非常に時間がかかるため大きなストレスともなるでしょう。また自分で用意する場合何か必要なポイントが抜けているとそれによって等級認定がされないということも考えられますので注意が必要です

このような専門的な書類などを扱うため、出来る限り早急に弁護士に相談する方が良いでしょう。弁護士は等級認定のタイミングやそれに必要な書面の準備などを代行して行なってくれます。さらに交通事故の賠償に慣れている弁護士や弁護士事務所の場合できる限り適正な賠償金を得るため様々なポイントを押さえてくれますので心強いものです。

交通事故の後遺障害が認定されたら

交通事故にあうと怪我をすることがあります。少しの通院で回復するような怪我であればまだ良いのですが、場合によっては後遺障害が残ってしまう怪我もあります。交通事故に関係する後遺障害にはどのようなものがあるのでしょうか。

脊髄損傷重い後遺障害が残りやすい怪我の一つに脊髄損傷があります。脊髄とは頭蓋骨に続く脊柱の中央を貫く脊柱の中に入っている白色の紐状の束となっている期間のことです。中枢神経を構成する非常に重要な期間となります。もしも交通事故によって脊髄にダメージを受けてしまうと、脳から体への信号が正常に送られなくなり、手足の麻痺などの後遺症が残ります。脊髄損傷は直接的なこうした症状だけでなく様々な合併症も発生させる厄介な傷病でもあり、完全な回復は非常に難しい怪我といえるでしょう。脊髄の損傷は非常に大きなエネルギーがかかる交通事故には非常に多い怪我と言えます。どこが麻痺してしまうかにもよりますが脊髄を損傷するとその後の生活に大いに支障をきたすため、慰謝料などの賠償金はしっかりと適正な金額を受け取ることが不可欠といえます。

脊髄は小脳から頸椎,胸椎,腰椎の脊柱管の中に収められている中枢神経であり,脳から送られる信号を手足などの末梢神経に伝達し,また,末梢神経から脳へ信号を伝えるきわめて大切な神経です。交通事故等により,脊柱管が保護していた脊髄に外部からの強い力が加わった結果,圧迫・断裂などが生じて脊髄に損傷を受けることを脊髄損傷と呼びます。

このような障害が残ってしまった場合自賠責の場合にはそれぞれの等級に応じて区別されます。自賠責はその症状の程度に応じて1級から12級までの後遺障害等級を定めており第1級が一番程度としては重度の後遺障害と認定されています。慰謝料の請求にはこのような等級と、労働能力がどの程度を失われてしまうのかといった点を考慮し後遺障害がなければ将来得られたであろう利益を算定されます。こうした様々な要素が賠償金額を左右することになり、出来る限り弁護士などの専門家のアドバイスを聞き入れながら交渉を進めたほうが良いでしょう。