後遺障害の認定について

後遺障害交通事故で後遺障害を負った場合どのようにその等級を認めてもらうのでしょうか。まず必要となるのは医師による診断です。石がこれ以上治療しても良くはならないと判断した場合症状固定となりこの症状固定の後に自賠責の後遺障害等級の認定申請が行われることになります。ここで行われる等級の判定によって、保険会社から支払われる慰謝料も適正な金額が変わってきます。等級認定を行う際には保険会社に全てを任せるということも可能ですが、手続きが楽な反面症状に見合う適正な等級が申請されないという問題も考えられます。そのため被害者請求という形で自ら等級認定の申請を行うことも可能です。

しかしその場合には必要な書類を全て揃えるのに非常に時間がかかるため大きなストレスともなるでしょう。また自分で用意する場合何か必要なポイントが抜けているとそれによって等級認定がされないということも考えられますので注意が必要です

このような専門的な書類などを扱うため、出来る限り早急に弁護士に相談する方が良いでしょう。弁護士は等級認定のタイミングやそれに必要な書面の準備などを代行して行なってくれます。さらに交通事故の賠償に慣れている弁護士や弁護士事務所の場合できる限り適正な賠償金を得るため様々なポイントを押さえてくれますので心強いものです。