交通事故の後遺障害が認定されたら

交通事故にあうと怪我をすることがあります。少しの通院で回復するような怪我であればまだ良いのですが、場合によっては後遺障害が残ってしまう怪我もあります。交通事故に関係する後遺障害にはどのようなものがあるのでしょうか。

脊髄損傷重い後遺障害が残りやすい怪我の一つに脊髄損傷があります。脊髄とは頭蓋骨に続く脊柱の中央を貫く脊柱の中に入っている白色の紐状の束となっている期間のことです。中枢神経を構成する非常に重要な期間となります。もしも交通事故によって脊髄にダメージを受けてしまうと、脳から体への信号が正常に送られなくなり、手足の麻痺などの後遺症が残ります。脊髄損傷は直接的なこうした症状だけでなく様々な合併症も発生させる厄介な傷病でもあり、完全な回復は非常に難しい怪我といえるでしょう。脊髄の損傷は非常に大きなエネルギーがかかる交通事故には非常に多い怪我と言えます。どこが麻痺してしまうかにもよりますが脊髄を損傷するとその後の生活に大いに支障をきたすため、慰謝料などの賠償金はしっかりと適正な金額を受け取ることが不可欠といえます。

脊髄は小脳から頸椎,胸椎,腰椎の脊柱管の中に収められている中枢神経であり,脳から送られる信号を手足などの末梢神経に伝達し,また,末梢神経から脳へ信号を伝えるきわめて大切な神経です。交通事故等により,脊柱管が保護していた脊髄に外部からの強い力が加わった結果,圧迫・断裂などが生じて脊髄に損傷を受けることを脊髄損傷と呼びます。

このような障害が残ってしまった場合自賠責の場合にはそれぞれの等級に応じて区別されます。自賠責はその症状の程度に応じて1級から12級までの後遺障害等級を定めており第1級が一番程度としては重度の後遺障害と認定されています。慰謝料の請求にはこのような等級と、労働能力がどの程度を失われてしまうのかといった点を考慮し後遺障害がなければ将来得られたであろう利益を算定されます。こうした様々な要素が賠償金額を左右することになり、出来る限り弁護士などの専門家のアドバイスを聞き入れながら交渉を進めたほうが良いでしょう。